玉利 彰大 / フォトデザイナー
Tamari Akihiro

写真で問題解決デザインする。

フォト = 写真
デザイン = 問題解決のためのモノづくり・よくすること
フォトデザイン = 写真で問題解決
フォトデザイナー = 写真を活用して問題解決する人

-構成要素-

-略歴-

某年 埼玉県生まれ
2013年 システムエンジニアとして就労する傍ら、個人経営のカフェを盛り上げるべくその手段として独学でカメラを学び振るいはじめる
2016年 さいたま市教育委員会後援のキャリアチャレンジスクールにて実行委員としてカメラを振るう
2017年 埼玉県・さいたま市教育委員会後援のキャリアチャレンジスクールにて実行委員としてカメラを振るう
2017年 たまに行くならこんなカフェをコンセプトとした、たまカフェ埼玉エリアの運営を開始
2017年~ 独立
2018年 埼玉県・さいたま市教育委員会後援のキャリアチャレンジスクールにて実行委員としてカメラを振るう

-撮影テーマ-

被写体の“自然体”にこだわりストーリー性のある作品を制作している。隠し味は遊び心ユーモラス

-たまカフェ-

「たまに行くならこんなカフェ」をコンセプトとした紙媒体、Web媒体の総称。
地域に点在するお店ごとに異なる魅力を持った「すてきカフェ」。
「末長くお店が存続してほしい」という思いのもと、「すてきカフェ」を多くの人に知ってもらうきっかけを作り、カフェから地域を盛り上げることを目的としている情報発信媒体の運営を行っている。

-一日一撮-

「一日一回、一眼レフで写真を撮影しよう」
という目的のもと、2013年より撮影されたもの。カメラの「カ」の字も知らなかった初心者が「いい写真」を撮るためにはどうすればいいのか、独学で孤軍奮闘した記録。
パイン材(90cm × 45cm)のなんの工夫もないスタジオからはじまったお粗末な企画「一日一撮(いちにちいちさつ)」。購入してあまり活用されていない一眼レフにとりあえず慣れる・使い方を知る・限られたフィールド内で構図を考えるという目的で開始。アイデアの訓練の場としてしょうもなくも毎日発見のある大きな場であった。
現在は充電期間で継続が断たれているが、過去の遺産の作品と呼ぶにはおこがましい、しょうもなくも愛すべき一枚たち。